ピンク・リボン

昨日、友人からある贈り物をいただきました。シリコンのなんかゴムみたいなピンク色のブレスレット。そこには

"Share Knowledge Spread Hope" NZBCF


の文字が。うーん、なんなんだろう。気になる。調べてみよう・・


と、調べていくとなんと予想外の結果がっ!!!ピンク・リボンに隠された意外な意味とは!!!





















・・・ていっても特に気になりませんか。期待感をあおろうとしたんですけど。ちなみにこんなふうに期待させる効果をツァイガルニック効果というらしいです。最近知りました。

とそんなことはさておき、本題に。ピンクリボンは世界中の女性の約10%の人生で経験すると言われ、そのうち20%が死亡するといわれる乳がんをrecognize(日本語で言葉かうかばん)し、対策の研究をサポートするものです。特に世界的には毎年10月が乳がん患者とその家族によって思い出される習慣となっていて、闘病した人の痛みを分かち合い、更なる研究などの援助の為、このようなバンドが売られるようです・・行ってみれば今がシーズンなんですね、合点。

こういうバンド・リボンの期限をたどってみると、アメリカではなにかしらのことを気にかけている・(活動を)サポートしている・思い出すために何色かのものを身に着けて示すのが習慣となっているようで、歴史をさかのぼってみると、1917年にはすでに曲のタイトルに使われていたようです(Round Her Neck She Wears a Yeller Ribbon (For her Lover Who Is Fur, Fur Away)- George A. Norton)。昨年はサイクリストであり、癌との闘病生活にうちかったLance Armstrongががんと闘う人のサポートのために黄色いシリコンバンドをつけ、それが一大ブームになるなどアメリカなどの国ではそういった活動は活発なようです。

バンドに刻まれる文字は色々あるようですが、今回のものはニュージーランドから送ってもらったので、NZBCF - New Zealand Breast Cancer Foundationのものであると。合点。なんかすごいレアなものを手に入れた気がします。でも人をうれしい気持ちにさせつつ社会的にも貢献できるっていいアイディアですね。ありがとうございます。お礼メール送らせていただきました。

ちなみに今日は大部分をwikipediaを参考にして書かせてもらったんですが、近頃wikipediaはお気に入りのページのひとつです。情報量がすごい!ガセもいくつかはありそうですが・・あと載せてないですが実際アウェアネスリボン(awareness ribbon)の種類はとても豊富で、Periwinkleなんていうあまり分からない色のリボンもあるようです。でもページのアイコンがなんかかわいい。
興味のあるかたはこちらのページを。
http://en.wikipedia.org/wiki/Awareness_ribbon

なんか長くなってしまった。。。とにかく、ありがとうです。10月中はつけてみようかなー。
[PR]
# by hosekunr | 2005-10-18 00:41 | International

単純接触?

最近「単純接触の原理」について読みました。

はたからみればたいした事がないようなことも、毎日毎日触れていると自然と愛着がわいてくる、というようなものだそうです。それを読んで、人間が何か好きになるってどういうコトなのかなー?って思いました。ただそれに良く触れるから、もしくはある人と良く会うから、それ/その人が好きになっていくんだったら、そこに自分の感性とか性格とか、そういうのはどれくらい聞いてくるんだろう?と。逆に言えば自分と同じ状況に誰かがいたら皆同じような行動を起こすものなのかな?と思った訳です。そういう状況的なものが一番大きくきいてくるんだったら、ちょっと寂しいなぁ。とか考えたり。

て、そう直接思ったのは音楽なんですが。最近めちゃ好きな曲があります。はじめは流して聞いていたんだけど、だんだん好きになって、それだけ沢山聞くようになって、沢山聞いたら更に良い曲だと思って・・てな繰り返しなわけなんですが、それもただ沢山聞いたから、それがいいと思ってるだけなのかなぁ?名曲だと思うんだけど。自分の感覚がいまいちわからなくなります。

それは別にして、今週の日曜日にここ数週間練習してきたゴスペルコンサートがやってきます。今回はクワイヤーに加えベース・ギター・ドラム・シンセ・キーボードと集まりそうとう豪華な面々で大分楽しくなりそうです。ラボの人にも一度は聞いてみてほしいなぁ。
[PR]
# by hosekunr | 2005-10-11 01:49 | Music

2日後ですが・・

日曜は大道教会なるところでゴスペルコンサート。
b0015503_15134689.jpg

こじんまりしたいい感じの場所でした。僕は牧師先生の声が低くて好きだったなぁ。一般的に牧師先生は声が低くて通る人が多いような..要素の一つなんだろうか。
b0015503_15164372.jpg

↑こんなチラシがー!うれしかった。

歌った曲は、come one let's worhsip him, order my steps, calling my name, why did he do it? などなど・・「重めの曲が多いよねー」なんて意見もあったけど、いい選曲だったかな・・?個人的にはorder my stepsがめっちゃ好き(微妙なコードプログレッション最高)なので、またいつか歌いたいなぁ。
アンコールで"total praise”歌って(だいぶきつい)、最後に花を貰って・・奉仕できて良かったなぁ。ピアノのフッキーも、リーダーしのさんも、ソロした皆も、・・すごいギフトをもってるものです。
[PR]
# by hosekunr | 2005-09-13 19:17 | Music

クワイア-

今日は第3回、シンイチヴォイトレ+メンズ練習。

なかなか発声がうまくできないから、ヴォイトレをしてもらえるのはホンットに助かるなぁ(´▽`)
今までのコツは、
①口を大きくひらく
②呼吸するときにお腹でサポート
③うどんブレス(息を短く、うどんをすするみたいに吸う)


などなど。

・・うーん、おそらくは全部は覚えきれてないな(´Д`)

メンズでは、巷で大人気「君は愛されるため〜」をホゼアアレンジで練習・・・ムズいΣ(°Д°)
しかも微妙にマイナーになってるから今度結婚式で歌うのには会わない気がするんだよなぁ。曲は変えるみたいなので次回の練習にも期待して。でも普通にインスピレーションがわいて曲つくれるのはすごい。いつかはつくってみたいなぁ。

あ、そういえば明日からMQさんはポーランド行きだー。今までの頑張りご苦労さまです。楽しんできてほしいものです。
[PR]
# by hosekunr | 2005-09-11 01:31 | Daily

徳島帰り。

某学会の為数日間徳島に出張。初四国だったけどあんまりゆっくり見えなかったなぁ。
でも徳島駅周辺には川あり山あり、町の雰囲気は好きかも。
ここに数年住んだら人生観とか全く変わるんだろうなぁ・・と思いつつ駅前で一枚。
b0015503_2351287.jpg


そんな徳島の余韻をのこしつつ3日間の徳島から帰ってきたら夜8:30(昨日の)。でも家にはすぐ帰らず日曜のゴスペルコンサートの練習にでました。来た人の心に残るようなのにできたらいいなぁ。

・・・教会と地下鉄の駅、遠すぎ..(´Д`)
[PR]
# by hosekunr | 2005-09-10 23:30 | Daily

最悪ぅ・・・

めっちゃ久しぶりの更新。ここのところ忙しくて全く更新できなかった・・でも今は夏休み(?!)で富士研修所にいるので、久しぶりに更新していこうかなぁ・・と。

昨日は自分でも不思議なくらい悪い事が連続しておこった。。
①出発直前に財布がない事に気がつく ⇒ 数日前に入ったアルバイト代だけをもって出発。大学で学割をとろうと思っていたのに学生証ないためできず。
②とりあえず前の日に自転車で通った通学路を回るも、家に帰ると今度は携帯電話の電池を紛失したことに気がつくΣ(°Д°) ⇒ ケーブルを指しても、電池がなければ携帯は動かないらしい・・てなわけでここ数週間は携帯電話は使えません。あしからず。
なくした瞬間に「泣きっ面に蜂」ってやつだね・・って思ったらホントに自分が惨めになってなきそうになりました。そういう思考はキケンです。
③八王子から富士吉田まで行く電車で人身事故があり電車が大幅な遅れ。富士吉田まで迎えにきてくれているバスに危うく遅れそうになる。

はァ・・・てなこと、ありますよね。でもくよくよしてもしょうがないので、あんまり凹まないようにしたいです。もってたい いつも心に 平安を。
[PR]
# by hosekunr | 2005-08-12 08:27 | Daily

primary flowers

忘れた頃に更新です。ここのところは引っ越しやらなにやらで忙しかった・・

でも、引っ越しの手伝いで親が来てくれたので、そのときにゲットしました、新製品。なんのかって?kanonの新アルバムPrimary Flowersです。

おぉー!ちゃんとした製品になってる!!めったに顔見ないのでなかなか想像できないけど・・やっぱ自分のものが製品になるのはうれしいんだろうなぁー..と思った。花に囲まれて・・住む世界が(やっぱ)違うんやなぁ。とつくづく。一緒に住んでないのが悲しいなぁ。たまには異世界を味わってみたい。

自分は声になれてしまってるからいつもの声やなぁ、って思ったけど、他の人にはどんな声に聞こえるんだろう?とか思ってしまう自分がいました。人によっては新鮮(らしい)ので、慣れって怖いなぁ、とつくづく。でもアルバム自体はいいなぁ、とおもいました。個人的には9とか12番かなぁ。7番も結構好きだけど。他の人はどうなんだろう?ウチではtenderlyが人気だったらしいが・・聞いた人はどう思ったか聞いてみたいなぁ。

タイトル書いて思ったけどアルバムタイトルの意味ってなんなんだろ。
[PR]
# by hosekunr | 2005-06-28 02:30 | Kanon

ISMASM in 奈良

やっぱ写真上げな!という思いにかられ、写真をアップします。先週行った奈良の風景ー・・暑かったなぁ。写真はいっぱいありますがポスター発表もちゃんと(?)しましたよ。

東大寺
b0015503_2350260.jpg

初めていったんけど、綺麗やったー。この日は修学旅行生がいっぱい。

b0015503_23485529.jpg

大仏。この一枚は比較的綺麗に写ってるかも。

b0015503_23502683.jpg

中にはこんなつくりかけも・・職人さんは志半ばで倒れたのだろうか。

b0015503_2351213.jpg

ホラー?!怖いよー!名前は忘れてしまった・・大仏殿の入り口の右にいます。

b0015503_2356055.jpg

これは相輪という「7重塔」の模造らしい。。ホンモノは100mあったらしいからおどろきだ。

ISMASM
International Symposium on the Manipulation of Advanced Smart Materialsの略。講演の舞台が能の舞台(!!)とかいう不思議なセッティングでした。

b0015503_022372.jpg

こんなとこ。能の舞台に来たのははじめてだ。なかみはだいぶ違うけど。

b0015503_23582839.jpg

2日目の昼ごはん。おいしそー(かった)!おもいもよらないところでなにかが出てくるとうれしさもひとしおですね。

b0015503_23585719.jpg

いただきます!!

b0015503_083743.jpg

ちゃんと仕事もしてきました。でも人は少なかったなぁ。考えるとこれが初めて記録に残したものかも。

写真アップしてたらめちゃ多くなってしまった・・でもこんなしょーもないこともできるデジカメってすごいなぁ。
[PR]
# by hosekunr | 2005-06-03 00:11 | Study

お、おぉ。

めちゃめちゃ久しぶりの更新。色々予定が立て込んでいたけど、これから少しずつ楽にしていけたら・・と思う。先週は奈良に行ってきて「ブログ~」とか行ってたくさん写真をとったけどまったくアップできてないです。ごめんなさい。

ふと考えると6月2日。エミは明後日からはニュージーランドだ。あっと言う間だけどもう知り合って2年近く・・土曜日にたつのが「ほー」って感じです。でも早かったからすぐ帰って来た後になっているんだろうなぁ。いい経験をしてきて欲しいな。

6月は「楽に・・」とか言いながらそのほか引越しだとかいろいろあって忙しいけど、更に「驚いたこと」がひとつ。まったく自分の予定とは関係ないのですが。

聞いたところではカノンさんがすごいことをするようです。

b0015503_22464046.jpg


「え・・・ええぇつーーー!」びっくりw( ̄Д ̄;)w日本代表だぁ~(か?)。「す・・すげぇ」と素で思いました。
週の真っ最中なのが悲しいですがとりあえずがんばって欲しいです。日本にも。
[PR]
# by hosekunr | 2005-06-02 23:17 | Kanon

細川ガラシャ夫人:★★★★★

友人に借りていた、三浦綾子著:「細川ガラシャ夫人」。★5つつけちゃいました。

b0015503_0463027.jpg


去年末から借りていたのかな?「読みたい」と思いつつなかなか進められなかったものの、昨晩中をかけてなんとか読破。歴史のこともあまり知らなかったので、個人的には一緒にかりた「塩狩峠」とならんで今まで読んだ小説の中で一番面白かったです。読み終わってもただ「へぇー」で終わるのでなくて、得るものがあった、というか。近頃時間がなくてアップアップなだけにこういう本はすっごいありがたい!映画にもなった"Bridges of Madison County"を書いた人が書いていた"Slow Waltz in Cedar Bend"は正直時間の無駄と感じてしまったので・・

この小説の中では、主人公ガラシャこと玉子(明智光秀の娘)はもちろん、他の登場人物もすっごい魅力的に描かれていて、もっと知りたいなぁ、と思わせてくれました。例えば明智光秀、高山右近、細川興元など。いい本あれば読みたいなぁ。今になっていろんな本を読んで知識もつけたいなぁと思ってきて後悔しまくりなんですが、それはしょうがないですね。こんな思いをしないためにも、今あまり読まない方にはたまには本を読んでみてほしいものです。いろんな発見もあるし、時間がなくなったときに後悔しないですよ!
なにはともあれ、この調子で三浦綾子さんの他の小説も読みたいと思います。LV★さま、よろしくお願いしますね!
[PR]
# by hosekunr | 2005-05-09 01:22 | Book