<   2005年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

はやいなぁ。

はやいなぁ。って最近特に思います。
なんていうか、時間が。来週にはちょっと前までまだまだだと思ってた学会発表があるし、実家から帰ってくるのは4月の9日だから・・考えたら2005年ももう4分の1が終わってるし・・はぁ。

昨晩(火曜日)は、知り合いのカップルの家に呼んでもらって、食事をしました。年末にロサンゼルスに行った皆で。って行っても日本人4人なんですが。そこの子供がかわいかったー!「まだ赤ちゃんだなー」と思ってたらいつのまにやら3つになってました。その子の弟も気がつけばもう1才・・なんか子供の成長の早さにびっくりです。

でもびっくりしたのはそれだけじゃありませんでした。2003年に日本に来てたロサンゼルスからのチームの作ったビデオを見てたんですが、皆めちゃんこ若い!んー、4月から就職するアジョシ、今はアジョシの後釜になりつつあるスーイル、そしてなにより自分が幼くてちょっとショックでした。しかもなぜかビデオでは目がすごいつりあがってた・・・なんでだー

若かったのは前に一瞬だけ見た2年ほど前のゴスペルコンサートのビデオでもでした。確かに近頃は慢性疲労もしてるし、実家では学会後に家族で温泉旅行にも行くし(楽しみだし)、最近は僕もアジョシ路線から1ミリもずれてないのかもしれません。でも「いい年のとりかたしてるよー」て言われたのがうれしかったです。これからもいい年のとりかたをしたいなぁ。

あ、ついでに昨日知ったトレンドを。エアロビとかの運動ビデオってたまに見ますけど、韓国ではダンスをしてダイエット!とかいうビデオがはやってるらしいです。一瞬見たけどちょっとおもしろそうだったー。ホザナのこともあるしちょっとやってみたくなってしまいました。でも、日本じゃ手に入らないんだろうな・・・

なにはともあれ、「年をとると時間が速くなる!」ていうのは、とある人に聞くと、「まぁ体感するのは今まで生きてきた年齢分の一ってことだからねー、早いよ」らしいです。・・・うーん、なんか納得できるような納得できないような。でも説得はされました。とりあえず時間、機会、与えられてるもの、大事に、誠実に生きたいですね。
[PR]
by hosekunr | 2005-03-24 01:11 | Thought

今日の出来事。

今日は、ウチの姉のコンサートだ。うまくいったかな~?なんてことを想像しつつ、こちらはこちらで4月のピアノ発表会の練習。

"all alone without you" by Jack Kunz,

高校3年の時にピアノをも一回やりはじめるきっかけになった曲でもあり、こんな機会がもらえて良かったぁ。でも弾き語りで発表会なんてでるの始めてだからこれからがんばって練習しなければ。

友人に言わせると、僕にはソウル(soul)が足りないらしい・・・"you gotta have more soul! you know, think about the lyrics and just think of the piano keys as kind of like voices.."んー、できるのかな・・?彼にちょっとでも近づけたらいいな。

練習・・ていうかどちらかっていうと曲弾いて、歌って「楽しい時間」やったけど、そのあとポンガとアメリカから旅行に来てるアン(ahn)さんと食事。回転すし屋で3時間近くも居座ってた・・・でも楽しかったな。いつか絶対フィリピンに行きたい!
アンさんは明日帰国するとのこと。無事に帰れるといいな。会えてよかったです。
日本にいる・来る外国人はおもしろい人が多いなぁ。そんなコトを思った火曜日でした。

今日話してて特に印象に残ったこと。
①なんか日本の結婚式は地味だ!・・アメリカとかだとホントパーティって感じらしい・・楽しそうだなぁ、いいなぁ。
②コンタクトレンズを保存するのには、普通の水よりかは、唾液(spit)のほうがマシ(まだナチュラル?)らしい・・うそくさーってつっこまれてたけど、2日前に納豆を食べるときにからしが目に入ったことを思い出し、「一日くらいどっちでもかわんないよ、からしが目に入っても平気なんだから・・」と思った。
[PR]
by hosekunr | 2005-03-09 02:04 | Thought

スーパースパイス・ミー

タバスコって言ったらほとんどの人がすぐ頭の中でそれを思い描くことができると思います。そう、あの真っ赤のボディカラーに、少し液がでにくくなっているボディライン、ほのかなすっぱさのただよう香り・・辛い物好きな人は「めちゃ好き!」なんて人が結構多いのではないかと思います。

・・

が、恐ろしいことを発見しました。某飲食店で食事をとっていると・・おいてありました。

b0015503_122121.jpg

おいしそ~


ん、でもなぜかその目の前には10円玉が。そして・・ん、あ、タバスコが10円玉にかかった!
b0015503_11542524.jpg
b0015503_11573643.jpg



そして「あ~あ」と思いつつも10円玉についたタバスコをふくと・・・なんと10円玉が白くなってるΣ(;´Д`)!
b0015503_1302022.jpg

な、なんと・・・


「そんだけタバスコの中の酸は強いんだよ」と聞いて、一ヶ月間、毎日三食ご飯にタバスコをかけつづけたらどうなるんだろう・・なんて実験してほしいと思ったなんてことは一度もありません。一緒に座ってた人が「TVショッピング出れるやん」といったのを聞いて、彼がコレを宣伝してるのを想像したこともありません。

なにはともあれ、かけすぎには注意したほうがよさそうです。
[PR]
by hosekunr | 2005-03-08 09:57 | Food

感謝なコト

最近、忙しくて、自分のしていることが全部上の空な気がしてます。平日は大学行って、週末は色々予定が詰まって。結果として疲れて・・みたいな悪循環に陥りがちなんですが、だからこそ、ゆっくりと色々なことを考える時間とりたいな、って思いました。

考えると今日はもう3月8日。明日は姉の誕生日、今週の金曜日は3月11日、僕のとても大切な友人が帰国して1ヶ月たつ日です。

この一か月は、大きな別れがたくさんありました。2月11日に一人、2月26日に二人・・もう一人、3月の末にも別れがあります。この一年近く、すごい仲良くなって、近くなって、家族みたいになってきたなぁ…と思ってたから、帰ってしまったのが、本当に悲しかったです。この広い世界で、この時に、この人の組み合わせがこの場所に集められていたこと、この組み合わせは、おそらくこの人生ではもうないだろうなぁ・・って考えると、はかなく感じました。でも、逆に考えれば、そんな機会が与えられた…そのことが、ホントに感謝です。

僕は育った環境が別れが多かったものだから、「別れ」が嫌でした。残されるほうも、残るほうも両方、人間関係が近ければ近いほど傷ついて、苦しくて・・・結果、無意識的にか、潜在意識的にか、人との付き合いはさっぱり、浅く浅くしていました。もともとクリスチャンになったのも、神様の子供とされたもの(イエス・キリストが自分の罪の為に死んでくださったと信じたもの)は、天国で一緒に、永遠に暮らせると聞いてだったのに…付き合い方はほとんど変わりませんでした。

でもここ数年、色々な人が僕の人生に来たおかげで、ちょっとずつ、自分でも変われてきたなぁ、て思います。神様は、もともと「人が一人でいるのは良くない」と他の人を創ったコト。神様を信じたものは、皆家族で、この地球で別れることがあっても、永遠に離れることは、ずっと無いコト。だから、別れを悲観してそういったものをシャットオフするのではなくて、今与えられてる人、場所、機会を感謝して、同じ時間を共有できるコト。それを知識だけじゃなくて、近頃は実感として分かってきて、本当にうれしく思いました。

でもやっぱり、現実に帰る直前、直後は凹みました。。そんな中にも、励ましがありました。イスラエルの王となった、ダビデ(david)彼は、もともとイスラエルの王であったサウロ(saul)に命を奪われそうになり、逃亡しますが、そのとき、彼と仲のよく、逃亡の手助けをしたサウロ王の息子ヨナタン(jonathan)とこんなやりとりをします。
I Samuel 20:42 Jonathan said to David, "Go in peace, for we have sworn friendship with each other in the name of the LORD , saying, 'The LORD is witness between you and me, and between your descendants and my descendants forever.' " Then David left, and Jonathan went back to the town.

次会うのがいつになるかは分からないけど、こんなfriendshipをもてたこと、この時、場所、人の組み合わせをひきあわせて下さったことを感謝して、次あうときのことを期待しながら、「またね、元気でね」って今回は言えた・・と思います。

Thank you Lord, that although we are separated in this World, that we are always connected.. connected through You. Thank you that You have loved us so much, and that this kind of a relationship was what You had planned for us. Thank you that because i am so weak, You have taught me these things. As I look forward with hope for the time we meet again, please help me to always remember them through prayer and this feeling i have for them right now. I thank You so much that You have brought hem to Japan. Please bless them richly, protect their paths as they enter each new stage in their life. May i also have more time to spend with You even through my busyness; help me to do all things for You. I pray in Jesus' name. Amen.

Jihye, Junghwan, Yeon, Heesook.. I love you guys! THANK YOU FOR COMING TO JAPAN!
[PR]
by hosekunr | 2005-03-08 01:30 | Thought