<   2005年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

細川ガラシャ夫人:★★★★★

友人に借りていた、三浦綾子著:「細川ガラシャ夫人」。★5つつけちゃいました。

b0015503_0463027.jpg


去年末から借りていたのかな?「読みたい」と思いつつなかなか進められなかったものの、昨晩中をかけてなんとか読破。歴史のこともあまり知らなかったので、個人的には一緒にかりた「塩狩峠」とならんで今まで読んだ小説の中で一番面白かったです。読み終わってもただ「へぇー」で終わるのでなくて、得るものがあった、というか。近頃時間がなくてアップアップなだけにこういう本はすっごいありがたい!映画にもなった"Bridges of Madison County"を書いた人が書いていた"Slow Waltz in Cedar Bend"は正直時間の無駄と感じてしまったので・・

この小説の中では、主人公ガラシャこと玉子(明智光秀の娘)はもちろん、他の登場人物もすっごい魅力的に描かれていて、もっと知りたいなぁ、と思わせてくれました。例えば明智光秀、高山右近、細川興元など。いい本あれば読みたいなぁ。今になっていろんな本を読んで知識もつけたいなぁと思ってきて後悔しまくりなんですが、それはしょうがないですね。こんな思いをしないためにも、今あまり読まない方にはたまには本を読んでみてほしいものです。いろんな発見もあるし、時間がなくなったときに後悔しないですよ!
なにはともあれ、この調子で三浦綾子さんの他の小説も読みたいと思います。LV★さま、よろしくお願いしますね!
[PR]
by hosekunr | 2005-05-09 01:22 | Book

新しい一組。

前日の荒れ模様の心配も消えた晴天の北摂の空の下、一組の夫婦が誕生しました。昨年末から親しくなって、今は一緒にジョイフル・サーバンツ・クワイヤーで歌えてるのがとてもうれしいお二人。おめでとうございました!この出会いも感謝です。今後とも、二人の築く家庭が豊かに祝福されますように。

式でも、カフェでのティーパーティーでも、祝ってる僕らのほうが祝福されました。「結婚」ってそんなに考えたこと無かったんですが、やっぱりいいなぁ、って思いました。今の社会にあふれてる「負」のものが届かない数少ない場所のひとつ、でしょうか。

式の最中の式辞の言葉。
「夫は妻を自分のように愛さなければなりません。」

以前列席した結婚式でも、
「何があっても、離れずに愛し続けることを誓いますか」

こういう言葉を聴くと、結婚はやはり自分の人生をかけた決断なんだな、て感じます。そういう意味で、自分はまだまだ若いなぁ(^^;と。来る時はそういう誓いを誠実な気持ちでいえるようになりたいものです。
[PR]
by hosekunr | 2005-05-09 00:43 | Friends

あゆごえ・・

今日はカテキョ。教えるのは難しいけど、自分にとってもいい経験だなぁ。って思います。この年(?)でしてていいのか分からないけど。教えてる家では食事とかも出してもらって、ホント感謝です。

さて、なにはともあれ、今日のビックリは先ほどありました。カノンさんのHPは不定期的にチェックしているんですが・今日見てみると・・「 *ぴあ満足度ランキング4位獲得!(4/28発売GW合併特大号)」の文字が。なんだろう・・とクリックしてみると・・すごいです。「ぴあ」はイベントとかのチケットを販売しているところ・・らしい。そこの読者モニターにここ一週間で発売されたCDを聞いてもらったと。その結果。4位でした!・・ランキングをみてみると、
b0015503_0362257.jpg


・・てえぇっ!浜崎を超えましたー!やったー!カノンさん、おめでとうございます。これからもいろんな人に愛される歌を歌ってほしいですね。

21日はハービスENTのJEUGIAでインストアイベントがあるそうな・・楽しみな限りです。
[PR]
by hosekunr | 2005-05-03 00:43 | Kanon